神さまと人間が手を繋ぐ夜明け

だから自分を責めず

ただハートを開いて素直でいてください。

自分に起こること

怒り悲しみ絶望依存

全てそれが浮かび上がるのを許可する。

それは

もう放たれ始めた楔から出てきたもの。

人類の長い歴史

無価値感に覆われた

女性には男性が

男性には女性が

いなくては完全ではないという幻想の歴史が

終わるのです。

あなたたちは

すでに完璧であること

誰がいなくても

何も持たずとも

完全な存在であること

それを知ることでしょう。

始まる時には

一度終わりがやってきます。

生まれるために死ぬのです。

この死のメッセージを

怖れを通して受け取ると

そのエネルギーが歪められてしまう。

新しい夜明けのために

一度死ぬ。

それはとても怖いことかもしれません。

しかし

今笑いと楽しみの中で

それが起こる。

フェスティバルとなるのです