久々にディープな話

ラスベガス土産のTシャツを連日着てる。

昨日、今日と独立記念日に買ったMarines(海兵隊)とNAVYのTシャツを着たんだけど、Marinesの後ろの米国旗を掲げる銅像なんだ?と思っていたらまりんこゆみの完結巻で解説。

硫黄島の攻防戦のときの構図らしい。なんでも違うところから意味に気づくこともあるなあと思う昨今だなと。

そんな今日は、

昨日仕事を進めたことで、とりあえず今日はようやく早めに帰れた。

ギリギリ20:00前に地元付きそうだったので、通販の郵便物受け取りに郵便局へ向かった。

郵便局には間に合ったものの郵便物は配達扱いになっていて、受け取れず。

でも、帰ったら自宅のマンションの宅配ボックスに入ってた。

今日は、何気に買ったCDの話。

きっかけは駿河屋が夏恒例のまとめ買いセールをやっていて、そのこととふとあのCDほしいな?と思ったものを思い出したので、1300円で配達料無料になるならちょっとまとめて買うかと思ったら、結構な点数になった。

出張中に友人が今どきCDを買うのはアイドルオタクかアニメオタクくらいと称していたのが本当にそうだな〜と思う。

そもそも、今なら、もっといい音質で曲が聞けるはずなのに未だにCDが売られてるというのが最たる例だよね。

ハイレゾの移行が大衆的に難しくても44.1khzで音源作る必要自体はないんだしね。それでも先週CDを買ってると思えば、友人の言い分はすごくもっともな話で、未だCDを買ってる事実が存在してる。

この事象は今日の話につながる。どういうことかというと、CDを買う行為はもう既に、中古レコード店でレコード盤を探す行為と大差がないってこと。

CDというデジタル媒体は今も同じ音を奏でるってことなんだよね。それはすごいことだなあと素直に思うし、本当にそういう時代がきたんだなあと。

でね、実際何を買ったかいうと以下のCD

1-1 \800 CaYOCO/Identity Crisis OVA新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA」OP

1-2 \280 林原めぐみ/OUR GOOD DAY…僕らのGOOD DAY アニメ「熱血最強ゴウザウラー」エンディング・テーマ

1-3 \200 ドラマCD フルメタル・パニック!2「一途なステイク・アウト」

1-4 \200 ドラマCD/フルメタル・パニック!1「やりすぎのウォークライ」

1-5 \200 STAND UP TO THE VICTORY 川添智久

1-7 \250 ペトラルカ・アン・エルダント三世(CV:渕上舞) / 私の宝石箱 〜TVアニメ「アウトブレイク・カンパニー」 エンディングテーマ

1-6 \2,650 「神のみぞ知るセカイ」キャラクター・カバーALBUM2〜選曲:若木民喜[初回限定盤]

1-8 \450 2B PENCILS / 2B PENCILS[ギターピック&鉛筆付初回限定盤]

1-9 \350チマメ隊 / ぽっぴんジャンプ♪ 〜TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」EDテーマ

最初にほしいと思ったのが、ペトラルカの私の宝石箱。アウトブレイク・カンパニーはOP/ED共良いんだけど、作中の雰囲気を残していて、格調高い。

それと、一緒に安いしと思って買った。チマメ隊。いかにも定価で買うには...と思いつつもこのくらいならいいかと思える値段。

それで、

サイバーフォーミュラ SAGAのOP Identity Crisisは実家に帰ればあるんだけど、結構聞きたくなる。飢餓感が強くて「当時の」斬新さが光る曲で未だと懐メロの中に恰好良さがある感じ。他の曲では代替えできない。曲調、輪唱的なおっかけで2回言う言い回しとか

それで、これが一番の注目

林原めぐみ/OUR GOOD DAY…僕らのGOOD DAY

この曲、もう自分が中学生の頃には廃盤になっていたCDで、「OUR GOOD DAY…僕らのGOOD DAY」自体はアルバムのSHAM ROCKでも聞けるんだけど、カップリング曲が「KEEP ON DREAMING MEGUMI VERSION」林原めぐみが歌う、ゴウザウラーのOP KEEP ON は確かこの1曲だけしか音源がないはず。これがほぼ捨て値で売られていたのが、中学生の頃の自分では想像がつかない。スターチャイルドのカタログでしか見れなかったものが今自分の手元にあるというのはなんとも驚きのある光景だなと。(それこそインターネットもない時代。まだこの頃は、現物を手に入れるくらいしか方法なかったしね。)

実際、聞いてみたけど、歌い方に熱血感あるなあ。

神のみの2B PENCILS / 2B PENCILSは実際安かったからとして、「神のみぞ知るセカイ」キャラクター・カバーALBUM2〜選曲:若木民喜の方が注目かな。竹達のゆずれない願いとか早見沙織のdis-は注目。多分無限のリヴァイアスだろうし。東山奈央の想い出がいっぱいもいいかなと。

それでも、ちょっと趣味というか世代がずれてるんだよね。原作者の若木民喜と。畑健二郎の方が、趣味は近いかなあとちょっと思った。

まあ、あとはSTAND UP TO THE VICTORY なんだけど、GUNDAM SINGLE HISTORYってのが3作あって、1作目のファーストガンダムからZZの完成度が非常に高いんだけど、2作目、3作目の詰め込み感がなかなか微妙だったりするのと、ほとんど持ってるってことで、Vガンダムだけ別で買う方がむしろ締まるってことで、これを買った。でも、あとで、もう一度TENDERNESSとWINNERS FOREVERがほしくなってきたよ。盛り上がるわ。これは。当たり前だけど。

フルメタル・パニックのドラマCDの相良宗介森久保祥太郎千鳥かなめ氷上恭子とは...。雰囲気が相当変わるけど、これはこれで特徴的かもしれん。