"有難くて愛している"VIXX、日本ツアー

コンセプト席VIXXが日本での単独コンサートツアーを盛況裡に終えた。

ビックスは四回目ミニアルバム桃源境発売および国内デビュー5周年を記念しようと、

日本に飛んで行って主な3都市でVIXX2017ジャパンツアーバック昼夢(VIXX2017

JAPANTOUR〜白昼夢〜)を成功裏に開催してグローバル席の威力を立証した。

VIXXは去る11日日本、名古屋市民会館フォレストホールを始め、

15日幕張メッセ展示ホール9を経て23日と24日両日間クランキューブ大阪まで、

主な3都市を回って単独コンサートで現地ファンたちに会った。

VIXXは現地ファンたちに会って日本でも相変わらず人気を確認するということと同時に、

アジアあちこちで単独ツアーを継続するグローバル席の人気現住所を見せた。

ピクス2017ジャパンツアー白昼夢(VIXX2017JAPANTOUR〜白昼夢〜)は、

今年国内デビュー5周年を記念してコンサートから展示会まで国内で大的に、

進行されたカムバックイベントであるビクスプイフェスティバル(VIXXVFESTIVAL)の、

一環で現地ファンたちのために新しい化粧された。

幻想の夢という公演名に似合うように2時間超えて休む暇もなく続いたヒット曲パレードと、

日本語バージョン特別舞台など多彩な構成でファンたちを熱狂させて、

単独ツアーの妙味と感動をプレゼントした。

昨年リリースした年間大型プロジェクトアルバムピクス2016コンセプション(VIXX2016

)に収録された人気曲らを厳選してFantasy、Desperate、ダイナマイト、

LoveMeDo、GoodNight&GoodMorningなどを聞かせたし、アメリカ有力音楽媒体から、

東洋と西洋の幻想的な出会い

という絶賛を受けた四回目ミニアルバム桃源境タイトル曲桃源境と、

収録曲ブラックアウト(BlackOut)も公開して大きい呼応を得た。

現地ファンたちのために昨年日本で発売した三番目シングルである花風をはじめとして、

日本オリコンチャートを強打した最初正規アルバムタイトル曲Dependonme、

二番目ミニアルバムタイトル曲Errorなどを日本語バージョンでリリースして、

歓声を引き出した。

VIXXメンバーは公演期間の間現地ファンたちに会った感激な心を日本語で、

直接表現して大きな感動を抱かれた。

リーダーエンは、

最後の公演まで幸せだった。

今後も良い思い出たくさん作ろう

と挨拶したし、メンバーラビとホンビンは、

皆さんのおかげで毎日楽しい。

今後も共に光るように願う

と愛情を表わした。

メンバーケンは、

私たちがいつも共にする。

常に有難くて愛する

と心を表わしたし、メンバーヒョクは、

良い音楽と舞台を見せるVIXXができるだけ努力する。

この夏一緒に共にして幸せだった

と話した。

メンバーレオは、

皆さんと共に送った時間全部忘れることができないだろう。

今後もいつも歌うからずっと共にしよう

と感激な所感を明らかにした。

一方、日本3都市単独ツアーを成功裏に終えたVIXXは来る27日から、

VIXXファンミーティングツアーイン東南アジア(VIXXFANMEETINGTOURINSE-ASIA)を、

開催してグローバルアイドルの人気歩みを継続する。