なぜトランス脂肪酸は悪いの?

マーガリンやショートニング、古い揚げ物油などに

多く含まれているトランス脂肪酸

なんだか体に悪そうなイメージ。でもどう悪いの?

という方も多いのではないでしょうか?

トランス脂肪酸を摂ることで、

特に気になるのが、悪玉コレステロールの増加です。

トランス脂肪酸を摂りすぎると、

血液中の悪玉コレステロールが増えてしまいます。

しかも、それだけではありません。

善玉コレステロールも減ってしまうようですよ。

また、トランス脂肪酸を長くたくさん摂り続けると、

痴呆にもなりやすいそうです。

これは、米国神経学会の長期間にわたる調査から、

明らかになっているんですよ。

トランス脂肪酸は、スナック菓子やクッキー、

インスタント食品、レトルト食品にも含まれています。

知らない間にたくさん摂っていた!

なんてことにならないためにも、

食品を購入する際、食品表示をチェックしてくださいね。

加工油脂やショートニング

マーガリンなどの表示があるときは要注意。

トランス脂肪酸が含まれていますので、

多量摂取にならないよう気をつけましょう。

太陽卵卵黄油黒にんにくに含まれる卵黄油には、

血管にこびりついた悪玉コレステロールをこそげとり、

体外に排出するデトックス効果が高いので、

気になる方は、ご利用くださいね。

なるべくトランス脂肪酸を摂らないようにしながら、

卵黄油の力も借りて、健康な毎日をお過ごしください。